天然酵母のやさしい甘さが感じられる
オリジナルスイートブレッド。

とびばこの形は息子が通っていた体操教室を見学していた時に思いつきました。
店主の私門田充は長らくデザイナーとして店舗設計やグラフィックの仕事に携わっていましたが、仕事の規模が大きくなるに従って数年に渡る期間や、対企業の折衝ばかりになり、エンドユーザーが遠くなることに居心地の悪さを感じていました。
もっと気軽な身近なクリエーションの場を求めていた時にパン屋さんにたどり着きました。

修行、そして開業へ

当時住んでいた京都のパン店で修行したのち地元の大阪堺に戻り2012年に独立開業しました。
その際、デザイナーというバックボーンをパンに落とし込むことがパン屋として生き抜く唯一の手段と確信して生み出したのが「とびばこパン」です。
「デザインは高尚なものでなく対話のツールである」という私のデザイナーとしてのスタンスと、「パンはくらしであり老若男女を問わず身近なもの。
そこに楽しさを加えて気軽なゆたかさを提供したい」というパン職人としての決意、その双方を形にしたパンです。
サイズは12センチ立法の角食パン1斤を削り取った大きさのとびばこ型を特注しました。
この型に角食と同量の生地を入れ、容積が少ない分密度が増し、きめの細かいカステラ食感になっています。

本物のとびばこのように横に1段ずつスライスし(お店では予約いただいた方、もしくは混雑していない時間であればスライス対応しています)そのまま召し上がってください。
日持ちをさせる場合は冷凍庫で保管し、電子レンジで温めたのちトースターで表面をこんがり焼いて食パンのようにバターやジャムを塗ってがオススメです。
当店のコンセプトは「おいしいとたのしい たのしいからおいしい」です。
「とびばこパン」はじめ、パンを通じて、毎日のくらしが少しだけゆたかになるような、くすぐるぐらいの刺激を与えていきたいと考えています。